南無日蓮大聖人


南無日蓮大聖人
平成23年11月15日発行

P202-203
次に場所については
「霊山浄土に似たらん最勝の地」と仰せられている。ここには地名が略されているが、「一期弘法付嘱書」には「富士山に」と特定されている。さらに日興上人は富士山の中には前額の最勝の地「天生ケ原」を、その地と定められている。

 ゆえに日興聖人が書写された大石寺の「大坊棟札本尊」の裏書には
「国主此の法を立てらるる時は、当国天母原に於いて、三堂並びに六万坊を造営すべきものなり」
と記されている。「三堂」とは、「本門戒壇堂」と日蓮大聖人の「御影堂」ならびに「垂迹堂」である。




顕正会の誤り〝大坊棟札〟は後世の贋作

 この大坊棟札とは、第二祖日興上人の御筆といわれるもので、その裏書きの文に「天母原に三堂並びに六万坊を造営すべきものなり」とあることから、天母山戒壇の論拠にされているわけだが、この裏書きは、じつは日興上人の御筆などではなく、後世の贋作であることが、すでに明らかになっているのである。

 後世の贋作であるとの証拠に、棟札というからには大石寺大坊の上棟の時に入れるはずなのに、裏書きの日付は、大坊の完成から半年も後になっている。さらに、その文字の書体も、棟札の日付より七年後に生誕した尊円法親王の書風が、さらに江戸時代になって変形した、いわゆる“御家流”と呼ばれるものである。その上、日興上人の御署名が、正しくは日興と書かれるべきところを日と間違えており、その後に必ず加えられるべき花押(御判)すらない。
(『誰にでもわかる顕正会の誤り』暁鐘編集室)








サブコンテンツ

顕正会破折書籍

  • 誰にでもわかる顕正会の誤り

    AAA社画像

    顕正会破折の決定版!逮捕者続出の顕正会。会長・浅井昭衛の発言は自語相違だらけで予言も大外れ。ニセ本尊作成と明らかな教義上の誤り。

  • 顕正会破折リーフレット

    AAA社画像

    顕正会の誤りを簡潔にまとめた破折リーフレット。

  • しつこい勧誘・訪問に

    AAA社画像

    脱会届を送った後に、顕正会員からの訪問をシャットアウトしたいとお考えの方に!1枚なら無料でお届けします。(大25×90mm、小17.5×63mm)


正しい信仰の基本



このページの先頭へ