顕正会年表


1904年5月9日
後の妙信講講頭・浅井甚兵衛 愛知県で生れる
1926年4月
白須郁三に折伏されて日蓮正宗に入信し、妙光寺所属
1931年11月
長男・浅井昭衛生まれる
1942年
東京妙信講創設・講頭となる
1955年
法道会へ移籍していた妙信講は同会と合併。法道院法華講講頭に就任する。
1958年1月
東京・妙縁寺に移籍後、妙信講を再建
1959年4月5日
顕正新聞発刊
1961年9月1日
機関誌「冨士」発刊
1962年2月
「富士」2号において、国立戒旦は究極の御理想と掲載。
1962年7月
法華講連合会結成。浅井親子は加入せず。
「富士」12号において、戒壇建立の地を天母原と掲載。
1964年8月
法華講連合会に従わず、登山停止処分。
1965年10月
正本堂御供養開始。妙信講も参加するが本山は拒否。➡
1970年3月25日
妙信講 「正本堂につき宗務御当局に糾し訴う」を送る。
1974年8月12日
宗務院 妙信講を解散処分に付す
1974年11月4日
宗務院 妙信講幹部33名を信徒除名処分に付す
1974年12月25日
宗務院 松本日仁を本宗の法規違反により擯斥に処す
1978年3月
顕正寺建立(和光市) 擯斥処分の八木直道が初代住職となる。(2003年廃寺)
1982年10月9日
日蓮正宗「顕正会」と改称、会長に浅井昭衛就任
1984年4月9日
初代会長・浅井甚兵衛死去
戒名「直達院護法甚道居士」
1996年11月18日
宗教法人格取得、「冨士大石寺顕正会」と自称
2004年3月5日
戒名不要に変節
「塔婆は一切不要である。御在世においては戒名などはない。熱原の神四郎殿を見よ。顕正会においては戒名などは要らない。御在世に立ち還って、俗名のままでいきたい。いまこのように決めるのは、顕正会は広宣流布の団体だからである」(『顕正新聞』平成16年3月5日号)
2007年8月23日
発足50周年記念幹部大会開催(長野エムウェーブ)





サブコンテンツ

顕正会破折書籍

  • 誰にでもわかる顕正会の誤り

    AAA社画像

    顕正会破折の決定版!逮捕者続出の顕正会。会長・浅井昭衛の発言は自語相違だらけで予言も大外れ。ニセ本尊作成と明らかな教義上の誤り。

  • 顕正会破折リーフレット

    AAA社画像

    顕正会の誤りを簡潔にまとめた破折リーフレット。

  • しつこい勧誘・訪問に

    AAA社画像

    脱会届を送った後に、顕正会員からの訪問をシャットアウトしたいとお考えの方に!1枚なら無料でお届けします。(大25×90mm、小17.5×63mm)


正しい信仰の基本



このページの先頭へ