顕正会とは


 顕正会は、その前身である日蓮正宗の信徒組織である妙信講に始まります。
 その妙信講は現会長の父・浅井甚衛兵を講頭として布教活動を展開し、やがて勝手な教義を唱え出すなどの行動により、日蓮正宗末寺を転々とするようになりました。

 その後、創価学会が寄進する正本堂の教義上の意義について、国立戒壇に固執し、学会と激しく対立。宗門の指導にも従うことができなくなったため、解散命令を下され、浅井ら幹部は除名となりました。

 その結果、正統な信仰を流れをくまない新興宗教団体となった妙信講は、強引な勧誘、日蓮正宗の名を詐称する、社会的にもはなはだ迷惑な団体になり下がったのです。



◎執拗な勧誘 ◎会員の逮捕、本部に家宅捜索

こんな顕正会員に出会ったことありませんか?
◎ウソをつく ◎心身に病気を抱えている ◎仕事がまともにできていない




▲「冨士大石寺」と日蓮正宗を詐称!


公安からマークされる顕正会

顕正会を指すと見られる公安の公式サイトには

ダミー画像

 「特異集団は、社会通念とかけ離れた主義・主張を掲げ、平成十七年中も、これに基づいた特異な活動を展開した。(中略)十年以内に三百万人会員の達成を目標とする集団が、相次ぐ自然災害をとらえて『巨大地震・異常気象は大闘争の前兆』などと恐怖心をあおり、『男子精鋭十万の結集で亡国日本を救わん』と訴えて布教を呼び掛けたほか、大学生などの若年層を対象として、執拗な勧誘を展開し、監禁容疑で逮捕され関連施設などが家宅捜索される事件(七月)を引き起こすなど、社会との軋れきを顕在化させる動きもみられた」
(平成十八年度)







サブコンテンツ

顕正会破折書籍

  • 誰にでもわかる顕正会の誤り

    AAA社画像

    顕正会破折の決定版!逮捕者続出の顕正会。会長・浅井昭衛の発言は自語相違だらけで予言も大外れ。ニセ本尊作成と明らかな教義上の誤り。

  • 顕正会破折リーフレット

    AAA社画像

    顕正会の誤りを簡潔にまとめた破折リーフレット。

  • しつこい勧誘・訪問に

    AAA社画像

    脱会届を送った後に、顕正会員からの訪問をシャットアウトしたいとお考えの方に!1枚なら無料でお届けします。(大25×90mm、小17.5×63mm)


正しい信仰の基本



このページの先頭へ