国立戒壇論とは

「国立戒壇」とは顕正会会長の浅井昭衛が「憲法を改正して、国立の戒壇(本尊の安置場所)を建てなければならない」「目的達成のためなら流血も辞さない!」として会員を扇動するものです。
 顕正会(当時:妙信講)が日蓮正宗の信徒団体から解散命令(破門)処分を受ける大きな原因として、「大聖人は国立戒壇を御遺命されている」とする、御本意を解らぬ浅識、あるいは慢心から起こる信仰によるものである。



浅井会長の主張



大聖人の教義ではない国立戒壇

国家・国土の安穏は衆生の正法帰依、立正が肝要

 「国立戒壇」の語は「御書」にはなく、明治時代に国柱会の田中智学が初めて言い出したものです。それが当時の時代背景とマッチして、次第に国立戒壇の語が広く用いられるようになったので、日蓮正宗においても、この語を自然に使用するようになったのです。
 しかし、もともと国立戒壇は日蓮大聖人の教義ではなく、明治以前の日蓮正宗にはその言葉すら存在しなかったのですから、日蓮正宗第六十六世日達上人が「今後は、国立戒壇の語を用いない」と決定されたことは全く問題のないことです。


大きな問題がある国立戒壇

 国立とは「国が設立し、管理していること(広辞苑)」です。 仮に国立で戒壇を建立すれば、そこに安置する本門戒壇の大御本尊を国家の手に委ねてしまうことになり、もし将来、国家の方針が変わったら、大御本尊を御護りすることができなくなってしまいます。 大御本尊護持という根本の信心に立てば、国立戒壇は絶対にあってはならないことなのです。


宗門の折伏の歴史➡




サブコンテンツ

顕正会破折書籍

  • 誰にでもわかる顕正会の誤り

    AAA社画像

    顕正会破折の決定版!逮捕者続出の顕正会。会長・浅井昭衛の発言は自語相違だらけで予言も大外れ。ニセ本尊作成と明らかな教義上の誤り。

  • 顕正会破折リーフレット

    AAA社画像

    顕正会の誤りを簡潔にまとめた破折リーフレット。

  • しつこい勧誘・訪問に

    AAA社画像

    脱会届を送った後に、顕正会員からの訪問をシャットアウトしたいとお考えの方に!1枚なら無料でお届けします。(大25×90mm、小17.5×63mm)


正しい信仰の基本



このページの先頭へ